_eyeronyだけが愛だった_

笑えない過去と、それからの事

いきしに

について、考えなければいけない事が多過ぎてこれまで粗末にしてきた事についてもその割にいきなり可愛がりたくなっちゃったりと、自己中なもんだったなと漠然と。

粗末に扱ってきたわりには身体は健康で、不良品のような即バキバキに折れるココロとは大違いに見た目も体質も図太く丈夫。ココロさえ強ければ怖いものなかったんじゃないか?と思うけど、そんな屈強でもな。死に損なったと思った事も、生きたくて仕方がなかった事も、なんとなく生きてる事も、本当自己中に決めてきた。

これからも自己中に決めていくのだろうけど、そうもいかなくなる時がくるんだろうね。そんな風に生きる事死ぬ事を交互に考える。

病気とは一切無縁だった父が病に倒れたのは2年前のことで、体も心も屈強、楽観的、ブレなすぎて時々ウザい、お調子者。そんな父で。病に倒れたと言う言葉すら不似合いだった闘病当初の姿。それでもその時点で気付かなければひと月足らずで死んでいたという話を今日聞いた。それから今日までは一進一退を続け、それでも目に見えた衰弱は無く病人っぽさもなく過ごしていた、けどそんな姿の父は、入籍をする少し前にした両家の顔合わせの時が私のみるそんな父の最後の姿になってしまったのかもしれない。と思うほどその二ヶ月後である今はなんだか病人らしくなってしまった。そしてそれは、もうなんとなく色々な事を覚悟しないといけないようなそんな予感を憶えるような。出来ることはあまりありません、でも緩和したり、ケアをする事はできます、とは医師の言葉で、そうなんだよ。出来る事はあまりないんだ。その言葉に少し救われた。理想論で語る出来る事なんて山ほどあるんだろうけど、人が人に出来る事は限られてる。出来ない事を出来るように謳われるよりもずっと良かった。そう伝えることが、お仕事なのだとしても。生き死にについて考えた時、できることって一体何なんだ。あんま無いんだ。多分。生きるか死ぬかしか。生き延ばしてくれる、産まれてくる手伝いをしてくれるのが医療なんだなあ、とかぼんやり考えながら大雨降りしきる駅までの道を歩いて「俺はそんなショックうけてないよわかってたし」とさらりと言い切る隣を歩く弟が、思ってたよりずっとシッカリしていてなんだか大きくみえた。けどお姉ちゃん心配だよ。なるようにしかならんけどさ。

最近数日ではあるけど、Twitterをやめていた。流れてくる気まぐれな死にたいが心底無理だと思った事や色々あるけど、不純物としか思えなくって遠ざけた。死にたいを死なないでと言うことで愛情を確認しているのか、踏み絵なのかそんな風になっている、その時の反応で選別されるような様がダメだった。そんなに嫌ならじゃあ辞めたら良いのにダラダラ居てしまうのは結局そういう繋がりに慣れてしまったから失くす事に抵抗があるだけでそれもとても嫌だし今は何よりストレス感じたくない。から一方通行を意識したような事しか話せず、こうやって壁打ちでなんか書いてる方がずっと良い。人と繋がりたいのにヤケドしない繋がり方を選びたがるとはまた随分自己中お疲れ様なアレで。

壁打ちで書いているとどうしてもぶっきらぼうで、憂鬱な人の様にみえるような気がするんだけど。でも全然私は元気だ。身も心も。ただ日に日に体が痛い。変化がある。でもそれは粗末にしてきた割に健康だから感じる痛みで別にそれはそんな悩みでもない。外の雨が酷いので、スターバックスで雨宿りをしながらこの文章を書いている。リラックス効果のあるやつで、ハーブ系で、ミルクの、美味しい紅茶のやつ…なんだっけ。注文をする段階でどれかおもいだせず、抽象的な伝え方をして店員さんを困惑させるも一緒に考えてくれた店員さんがめちゃくちゃ可愛かった。導き出した答えは、ティーラテのアールグレイ。バニラシロップの風味と香りの良いアールグレイ、少し肌寒い今日のような日にはピッタリだった。身辺の変化に疲れ気味のところに優しく溶け込んできて本当に美味しい。飲み終わる頃には雨も多少弱まれば良いのだけど。生きるか死ぬかの話からティーラテの話にまで話が脱線したところで、おしまい。死にたがりは嫌いだよ。

 

やめどき

f:id:eyerony:20170912203852p:image 

『丁度いいところでやめられる人が

   ハッピーエンドよ』

大森靖子「ノスタルジックJ-pop」MusicClip - YouTube

 

ホッとした気持ちと、悲しい気持ち。

そんな日だった。

 

本来、アーティストとファンの距離はステージと客席よりも遠いものだと私は思っていて。

 

それが良くも悪くもとても近い、近くなる事も遠くなる事も選べるのが今の時代で、それはSNSの復旧が大きいよね。あとは何かと便利になった。アナログからデジタルになった。なんでも。色々が復旧する前は、自分の大好きな歌手が今日のお昼、何食べたかなんて知る手段はまずなかった。それが今はリアルタイムで垂れ流される。それは最早普通。別に珍しくない。

 

雑誌を買わなくちゃ、テレビをみなくちゃ情報を得れない、大好きな人の話を気持ちを聞けない。年に数回のファンクラブの会報。普段の雑誌やテレビじゃ知ることが出来ない特別なもの。何度も読み返して、ファンクラブ会員である誇らしさ、ファンクラブ会員だから知る事が出来たという嬉しさに何度だって浸った。

ラジオをきかなくちゃ。いや、ラジオをききたいのにこれは地方局だ。うちじゃきけない。だから地方に住む友達に録音してもらったカセットテープを送ってもらわないと。そうしないと話を聞けない。今ように全国のラジオ局にどこにいようと繋がれる、なんて夢みたいだね。

感想を伝えたい、いいこと、わるいこと、楽しかったこと、感謝のきもち、ガチ恋みたいなラブレター。便箋に書いてファンクラブ宛に送らないと届かなかったこと。それだって、本当に渡せてもらえていたのかはわからないし読んでくれたのかもわからない。でもそれが当たり前だった。けど今じゃDMを解放?思った気持ちを直ぐに本人に直送出来る。信じられない事だよ。しかも返事がくる。夢?

 

一生懸命に情報を手探りでかき集めて宝物のように集まった気持ちを便箋にしたためる。下手くそな文字。かえってこない手紙。それでもライブに行けば会える、テレビをつけたらいる、雑誌の中ではめっちゃかっこいい。ラジオから流れる歌、声、全部が最高。

 

これくらいの距離感が本来の距離で

あまりに近かった距離感については、

嬉しいことも沢山あったけど、疑問もあった。

好きだ。大好きだけど、そのやり方がダメとかではないけど、その近すぎて不安定なグラグラする距離感は言葉にするのが難しいけどなんだろうな。大丈夫なのかな。っていうのか。本当はそんな風に思う距離にいるのもなんか変なものでさ。

 

突然姿を消した事に一日中騒つくインターネット。私は、心配するより先に心から安堵してしまった。よかった、って。だって疲れるよ。あんな場所。疲れる。本当に。でもなかなか抜け出せない疲れるのにぬるま湯にだらしなく浸かるみたいに浸かってしまう場所。どういうつもりでそうしたのかは分からないけど、少なくとも心労になっていた部分はあったと思う。常に見られてる、監視される、一つの物言いで延々揚げ足取られる、死にたい死にたい言われる、おもちゃにされる、嫌だよ。立場があるからと、立場を全うしようと聡明に向き合い続けるところは本当に素敵で、好きだ。でも誰かの神様であっても、彼女がそうありたいと思っても、人間だから全部をそんな受け止めるなんて絶対無理だ。言わずもがな当然のこと。心無いものにボロボロになっていく、心があるのになんでも耐久出来る無敵の心なんだろうと言わんばかりの弾圧とか。ね。人だよ。神様みたいにみえたとしても、同じ人間なのにな。なんだかな。

 

だらだら書いちゃったな。

 

個人的には、やめてよかったんだよ。って思ってしまう。悲しむ人、アカウント復帰を願う人、待つ人、色々いる。いていいんだ。

戻ってきたらそれは嬉しい。でも戻る義務感なんか絶対感じないでほしいとも。こんな場所なんかに。こんな場所が好きならそれはそれで、こんな場所にもいいところだってあるから。楽しかったことだってあるから。

 

屈託のない笑顔で歌うのが好きだというその気持ちを曇らせる事が無いような暮らしを、生き方をしている姿をみていたい。それが彼女にとっての心地良さでも幸せでもないかもしれないけど歌うのが好きだと嬉しそうに話す彼女が今自分から背負おうとしたものにやられてしまいそうになっている事が、とても辛い。そんなもの背負わないで全部捨てて大好きな事だけを、大好きだけを集めてほしい。死にたいなんて集めないでいいよって。

 

距離感が絶対的に遠い事が当たり前であった時代なら、こんな事は起こらなかったのかなって。どうなんだろう。ずっと考えているよ。

 

 

 

昔『こんなやつらの音楽を聴いているからお前はおかしくなったんだ』とお小遣いやお年玉を工面して買ったCDを割られポスターをビリビリに破かれた。泣き叫ぶしか出来ずその後しばらく声が出なかった。

 

『宗教みたいで気持ち悪い』『それ誰の言葉借りてるの(借りてない)』そう言ってまた私の好きは嫌悪された。信仰というにはあまりに薄くただ好きで自分一人で考えても分からず行き止まりになってしまった時、その原因を壊すための力を貸してくれるような存在で好きなだけなのに歪ませられて捉えられた心外すぎる心外をなんとか論破するも、あの時と同じだと落胆した。

くがつ

今年ほど8/31を強引に意識させられた日は、

ここ10年ほどの間の中では

一番だったんじゃないかと思う。

 

だから9月になった瞬間、心底ホッとした。

堪え難いトラウマから解放された気になれた。普段意識せぬところで意識をしないように本能的に察してスイッチをオフにしている感度の部分を目を逸らすなと言わんばかりに、両方の頬を手で包みながら向けさせられるような思いはもうしたくないな、と思う。どんな想いで受け止めるかは人それぞれではあるのだけれど、とてもじゃないが、割り切って受け止められるものではなく、自分で自分を救ってきたんだという自負もあり、ごめん、うまく書けないかもしれない。とにかくダメだった。救われた人は救われたし、そうじゃない人はそうじゃない。それだけだ。言いたい事は沢山あった。書いては消えた。何度だって書いたけど消えた。禁忌だったのだと思う。もう書かない。もしかしたら書いちゃうかもしれない。その時はその時だよね。ブログを書かなかった(厳密に言えば書いていたけど消えた)期間が長かったのは、その日を迎えるまでの間にかなりボロボロな気持ちになってしまい、別にもう大丈夫なのに、大丈夫にしてきたのに、大丈夫じゃなかった時の事が苛んでいた為でした。

 

好きな事を話したい。

9月に入った途端に空気が秋めいた。秋はとても好きで、秋は短いけどとても好き。秋に着られる服が好き。秋の空気の棘のないひんやり感が好き。日が暮れるのが早くなるのが好き。夕暮れも。空の高さや色も好きだし、食べ物も好きだな。梨とか。かぼちゃとか。大好きなベレー帽をかぶることができて、可愛いワンピースをコートの下に隠して着なくても良いところも良い。あとはこれまで好きになった人、好きな人、愛する人は秋の生まれが多い。秋に纏わる思い出は良い事も悲しい事もあるんだけど、憎むような思い出は一つもないような。心底大好きでその人とお揃いのピアスを開けたのは丁度秋だった、彼の誕生日。結局その人は何人もの女を思わせぶりにあしらって遊んでいて、冬になる頃さっぱり終わった。大好きだったな。季節の空気は秋に限らず今も昔も色んな思い出を脳裏に見せてくれるよね。こうして穏やかに思い出せる事ばかりなら良いんだけど。一年中秋でいてくれないかな。終わらないでほしい。昔から大好きなRaphaelの秋風の狂詩曲が似合うこの季節がずっと続けばいいのにと、毎年毎年思ってる。

 Raphael 秋風の狂詩曲 - YouTube

秋風の狂詩曲(ラプソディー)

秋風の狂詩曲(ラプソディー)

 

 

 

 

暑さのせい。

夏が逆戻りした東京はモワッとした空気が充満してろくに深呼吸もできたものではないね。

 

夏の甲子園が終わった。仕事中、テキスト実況をチラチラと見守り結果は花咲徳栄の圧勝だった。自動更新の度点数がポンポン増える。爽快だった。きっと試合を観ていたらもっと楽しかったんだろうな。人に話すと意外がられる事の一つとして(と言ってもそんなに言う人もいない)高校野球が好きな事。というのがあって、私のこれまでの生き方、物の嗜好から程遠いところにありそうなものだからしっくりこなくて無理もない。何度やり直しても自分にはきっと絶対巡ってこない青春の有り様と、崩れそうもない固い絆、どれも何度やり直しても自身で味わう事が難しそうなところに非日常をおぼえて、憧れて、素直に選手たちの頑張りや、ここまでくるためにした葛藤、全てを賭けるその情熱に凄く揺さぶられるものがあるから大好き。屈託のない笑顔とか、悔しい涙とか、無垢な感情だから安心するし、ほっとする。どんな観戦の仕方をしているんだと思うかもしれないけど、試合が面白いのはもちろんだけどそういうところで救われるような気持ちになる部分もあるんだよ、ってことです。身内がいるわけでもなく母校が出場しているわけでもないのでフラットな気持ちで、どの学校が勝ってもどの試合も良いものだったなと思っていつも楽しみにしてる。そんな夏の甲子園

 

甲子園が終わると、いよいよ夏も佳境。

 

今日はラジオテーマに沿ったメールを書いた。ドロドロについて。詳しくここにその事を書くことはしないけど、ドロドロの根源は常に記しているような事だよ。呪いのようなもの。

 

呪いと言えば、

最近ミシンを使う事を克服した。

 

『できないよ』は呪術だ。

子供にその言葉を擦り込むようにすることは絶対自分はしたくないと思った。この言葉を擦り込まれて出来ない、どうせ出来ないと拒否してきた事が沢山あった。ミシンもその一つだった。不器用だから、危ないから、向いてないから、何かと理由をつけられた出来ないに制限された事。好き放題やってきたつもりでも案外素直に制限下のもとに生きていたんだなって思う。よく言う成功体験って言葉があるけどそれが乏しい人は、もしかしたら成功できる前に規制されてしまった人もいるんじゃないかなあ。なんて思ったり。規制を解除されたような気持ちで走らせたミシン。お世辞にも上手ではなかったかもしれないけど、楽しかった。これで作る事できるな、作りたいもの沢山ある。考えるだけならいくらでもした。最近一番嬉しかった事かもしれない。

 

乗車時間十分で書く備忘録。

一先ずここまで。

学級会は懲り懲り

そう思う瞬間思ってしまう瞬間に出遭うのは最早災害というか災難で、ただそれがわたしのトラウマスイッチというだけなので例えばゲリラ豪雨に遭ってしまったとか靴の底が剥がれてしまったとかと同じ。

 

議論する事が嫌い。何かを晒し者にするような事も多数決も答えのない正しさも悪についてもそういうのがもう大嫌い。嫌い嫌い嫌い嫌い大嫌い。どうしてIじゃなくてWEで考えたがるのか。個でいいんだからそれを無理やり集合体としないでほしいって。

 

何度もおまじないのように自分に言い聞かせる、自分の好きだけが全て、自分の信じる気持ちだけが正しさ。そうしていないと身がもたないよ。誰とも本当は共感なんてさほどしたくはない。ただ好きという気持ちだけ自分の心の中で大切に水をあげていつでも綺麗に咲かせておきたい。虫がつかないように、枯れないように、病気にならないように、その心を愛していてその慈愛を栄養に健やかに生きていきたいだけ。

 

その志を邪魔する毒のようなものが学級会にあるガス室みたいな空気の悪さのソレであって、間違えてその部屋に入ってしまったと悟った時には直ぐさま息を止めて、守りに入る。

 

安全圏に逃げ込んでそこが自分だけの小さな箱庭なのだとしてもそれが生きるために必要な行為なのだとしたら私は生きたいからいくらでもそこへ逃げ込みつづける。

 

思考に点数つけたがる、わかるとかいいたがる、批評したがる、議論したがる、そんな世界はそんな風潮はあってもいいけど私は要らない見たくない。

 

生きやすいように生きることを

毎日手探りで探していかなくちゃ。

 

厭世するのは馬鹿馬鹿しい。