_eyeronyだけが愛だった_

笑えない過去と、それからの事

学級会は懲り懲り

そう思う瞬間思ってしまう瞬間に出遭うのは最早災害というか災難で、ただそれがわたしのトラウマスイッチというだけなので例えばゲリラ豪雨に遭ってしまったとか靴の底が剥がれてしまったとかと同じ。 議論する事が嫌い。何かを晒し者にするような事も多数決…

コピーキャットばかりで反吐が出る

敬意があれば良いとかそういうんじゃなくて。 退屈な日常の垂れ流しを指でスラスラと流す時たくさんのコピーキャットたちがそうして流れていってもうどうしてもそれが嫌で呼吸するように押すミュート。 その言葉は誰が発した言葉か、言葉なんて皆平等に操れ…

変わらない

7月最後の日、入籍を済ませた。 子供の頃からもう20年以上大好きなGLAY、そんなGLAYが20万人ライブを99年の7/31に催した。未だに破られていない前代未聞の記録を更新したその日に私は人の妻となった。20万人ライブの時は小6で、中学受験、夏期講習、とあった…

わたしが消滅する

苗字が変わる。 これまでの私の氏名は消滅する。 なんかそう考えると、これまで29年間共にした名前が紙切れ一枚でフッと、なくなってしまうのってちょっとだけ怖いなあと思う。 そんな時間を迎えるまであと数時間あまりで。 この名前でここまで生きてきてい…

ヒヤリとしたい。

ここのところ体調を崩し気味だった。 いや、今もかも。 本調子ではない。 まず月曜日、会社を休んだ。 熱が出て、気持ち悪い。ヘロヘロでもう無理と思って朝一に欠勤する旨を連絡してベッドに沈んだ。ツレが、猫たちのいるリビングにクーラーをつけるから寝…

教科書のように

生き方が下手でこれまで何度となく恥ずかしい思いをして本気で恥の多い人生を送ってきましたとか思いながら思春期、太宰治を読んでから10年以上は余裕で生きてきた。どこへ所属してもうまくできない、親は頭を抱えてそれでも諦めずに娘をなんとかしようとお…

うなぎのひ

朝からずっとその事ばかり考えている。 鰻のこと。 本当にそればっかり考えている。 どこで買うかとか、どれくらいの値段かだとか鰻巻き食べたいなとか(自分で作るのは大変そうだから多分作らない)鰻ざくも良いよなとかうなぎ好きだから、わりと今日の土用…

ひとりぼっち惑星

暫く更新を停滞させてしまった。 三連休が終わっていつもの日常がかえってきた。三連休はとても楽しいもので、まず、部屋がとても片付いた事。新居に越して今月末で2ヶ月になる。2DKのうち一部屋がなかなか片付かずであったけど、やっと箱がなくなった。すご…

生kill

全然嬉しくない定時退勤なんてあるんだ。 そう思いながら足取り重く訪れた歯医者。昨日書き記した通り歯が痛い。拗らせに拗らせた虫歯のせいで。散々怖いと痛いとネットに吐き散らかし、13階段を登る気持ちで訪れた歯医者さん。早く痛みから解放されたい、神…

ハイタテキ

平日の折り返し地点、水曜日。 明日、明後日、明々後日の半日をやっつければ 今週のおつとめはおわり。 三連休はかなわないけど2,5連休が待っている。 ところが私は歯が痛い。 それはもうすごく、めっちゃくちゃ。 神経がやられてんのがわかる痛さ。 ちょっ…

心の黒い穴は同じ誰かへとつながるトンネル

この日記のURLを、 30分だけツイートで載せた。 本当はこういうのは不本意だった。 でも好奇心が勝ってしまった。 素直にブログ始めました!!を言えるタイプでもなくなってしまって、更にはブログを読む事で卑屈になる人嫌な気になる人、誤解したりする人が…

バスにて。

役所へ行った。 私はこういう手続きとかすごい苦手で出来たら役所へ行きたくない。恥をかくし。頭良さそうな役人の人たちに私はバカですよ!って自己紹介するような質問をぶつけてしまうに違いなく、受け答えの残念さもそう。ちゃんとした人と話すと自分のそ…

わたしの名前も変わってしまうの

7月。 前回ブログをしたためたのは4月だから3カ月は過ぎてしまった。春からすっかり季節は夏。3カ月。色々あった。またいつも何かしら色々あるから改めて色々あったなんて言うほどの事はないのかも知れないけれど、それでも今月は特別色々ある月になるのだか…

鏡合わせの恋

恋じゃあないんだけど 極めて恋に似てるんだと思う。 あの子は私にとって鏡のような存在で、粗末でみっともない私とは対照的に輝く存在。その鏡を覗き込むようにいつも見入ってしまう。あまりにも見入りすぎて首とか痛くなるくらいにね。 心が軽やかな時は別…

備忘録0329

3月がもう終わろうとしている。 まだ肌寒い日が続いているし、日中は職場の事務所にお籠りで昼休みも外へいかない、事務所の中で済ませてしまうから朝と夕方、夜しか気温や空気はわからないけれど。 帰り道に見上げた近所の小学校の桜がすっかり花開いていて…

ただなんて事ない日々を一瞬を刻む

最初に日記を、自分の言葉を全世界に発信したのは「メモライズ」だった。 いや、エンピツだったか。 blogという存在が産まれる前の世界で私は言葉を、暮らしを垂れ流していた。 15歳だった。 拙い文章、どうでも良い話、学校へ行けない事、好きな事、嫌いな…